<< お誕生日ランチ(寒川:青山大寿司) | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2018年2月:観劇備忘録(7)

ピン 2/3(土)

 『目頭を押さえた』(サンモールスタジオ)

 

 目頭を押さえた

 

  作 :横山拓也(iaku)

演出:松本哲也(小松台頭)

出演:小川あん、納葉、緒方晋、松本哲也、森谷ふみ、櫻井竜、村上誠基、斎藤ナツ子

 

【感想】

iakuの横山さんが脚本+緒方晋さんが出演されるということでチケットを取りました。

 

とある山間の集落に住んでいる従姉妹2人。

遼は、集落に住む人々を “ 遺影 ” と称して写真を撮る日々。

そんなある日、遼の写真が全国高校生の写真コンクールで大賞を受賞する。

遼の従姉妹である修子は、そんな遼を誇らしく思っていたのだが…。

 

従姉妹を誇らしく思いながら、自分には何も無いことに悩む修子。

本格的に写真に取り組むために、村を出ることを決める遼。

娘の夢を素直に応援できない遼の父・馨。

 

みんな、それぞれに思いがあって

それが真っ直ぐである故に、他者を傷つけてしまう不器用さ。

 

話もさることながら配役が素晴らしくて、やっぱり観て良かったと思った。

iakuの作品の幾つかはこれから再演されるので、そちらも楽しみ。

 

 

 

ピン 2/4(日)

 『秘密の花園』(東京芸術劇場/シアターイースト)

 

 秘密の花園

 

  作 :唐十郎

演出:福原充則

出演:寺島しのぶ、柄本佑、玉置玲央、川面千晶、三土幸敏、福原充則、池田鉄洋、田口トモロヲ

 

【感想】

難解。

全然わからなかった…。

ただただ、舞台から、というか寺島しのぶさんから発せられる圧倒的なエネルギーを浴びていた。

 

 

 

ピン 2/10(土)

 放電家族『しおとさとう』(新生館)

 

 しおとさとう

 

脚本・演出:天野順一朗

出   演:いまいΣ、MikuU、さとうあやな、結城ゼミナール、天野順一朗、猫神マオ、渡邉怒涛、不動湧心

 

【感想】

インパクトの強いフライヤーを見て、チケットを取った。

割りと入り組んでいる話だったけれど、面白く観た。

観ながら『アヒルと鴨のコインロッカー』を思い出した。

観終わったすぐ後に(あぁもう一度最初から観たい!!)と思った。

少ないセットでも、それをマイナスに感じさせない工夫があり

内容としては決して明るいものではないのに

ラストシーンに救いがあるという。

なんとも不思議な作品だった。

普段は名古屋方面で活動されている劇団らしいが

もっと東京で公演してほしいと思った作品だった。

 

 

 

ピン 2/10(土)

 ハイバイ『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(東京芸術劇場/シアターイースト)

 

 ヒッキー・ソトニデテミターノ

 

作・演出:岩井秀人

出  演:岩井秀人、平原テツ、田村健太郎、チャン・リーメイ、能島瑞穂、高橋周平、藤谷理子、猪俣俊明、松井周

 

【感想】

タイトル通り、ヒッキー(引きこもり)が外に出てみた話。

軽い話かと思っていたら意外と重くてたじろいだ。

斉藤和夫役の古舘寛治さんが体調不良のため、代役に立ったのは松井周さん。

開演前に岩井さんが出てきて

「松井さんは台本を持って演じますので、そのあたりは温かく見守ってください」

と言っていて、(そんなこともあるのね〜)と。

台本を持ちっぱなしなので、そのことで観客から笑いが起こったり。

ちょっと珍しい観劇体験となりました。

 

 

 

ピン 2/11(日)

 電動夏子安置システム 第37回公演『3483』(駅前劇場)

 

 3483

 

脚本・演出:竹田哲士

出   演:岩田裕耳、新野アコヤ、小原雄平、日向翔梧、風間庸平、片桐俊次、大野ひろみ

      犬井のぞみ、道井良樹、小舘絵梨、町屋圭祐、塚原直彦、ドロンズ石本

 

【感想】

電動夏子〜の話って伏線が多い上にそれを回収するスピードが速くて

途中からついていけないことがあるんだけど

それでもまた、次も観たくなる。

そして犬井さんの演技はいつも面白くて、(この人よく自分で笑わないな)と感心してしまう。

 

 

 

ピン 2/14(水)

 『密やかな結晶』(東京芸術劇場/プレイハウス)

 

 密やかな結晶

 

原   作:小川洋子

脚本・演出:鄭義信

出   演:石原さとみ、鈴木浩介、村上虹郎、山内圭哉、ベンガル

 

【感想】

2月半ばにして、今年一の駄作に決定。

原作が大好きで、期待値が高かったのが原因かも…。

開始10分くらいで(あぁこれ、やっちゃった方の作品だわ)と思った。

「小川洋子さんのOK出てるの?」と聞きたくなるくらい、原作の世界観ぶち壊し。

特殊な設定なのでそこをどう表現するか、というところに興味があったんだけど

一番やってほしくない手段(歌)でそれを説明しちゃうという。

制限がある中で、仕方ないのは理解できるけれど、ナンセンス。

最後の「愛してる」って台詞も、どうしてそれ言わせるかなぁ、と苛々した。

ラストシーン、泣いている観客は原作読んでないんだろうな、と思いながら観てた。

これで9,000円。時間とお金を返してくれと言いたい作品だった。

 

 

 

ピン2/17(土)

 オフィスコットーネプロデュース『夜、ナク、鳥』(吉祥寺シアター)

 

 夜、ナク、鳥 夜、ナク、鳥

 

  作 :大竹野正典

演出:瀬戸山美咲

出演:松永玲子(ナイロン100℃)、高橋由美子、松本紀保、安藤玉恵

   政岡泰志(動物電気)、成清正紀(KAKUTA)、井上幸太郎、藤井びん

 

【感想】

松本紀保さんが見たくてチケットを取った。

2002年に福岡県久留米市で実際に起こった保険金連続殺人事件をモチーフに描いた作品。

セットは、ほとんど無いようなもの。

舞台中央に、ソファとテーブル。

それをコの字型に取り囲むように客席。

シンプルなセットなのに、それが全く気にならない程の役者さん(女優陣)の演技力。

 

同じ職場に勤める看護師、医師、治験コーディネーターの4人が

互いを苗字で呼び合うことの違和感のようなもの。

(女性は仲が良くなると、下の名前で呼ぶことが多いので)

それが、殺人の共犯者であるためだと気づいた時

彼女たちの距離感の取り方に恐怖を覚えた。

 

こういうのが観たいんだ。こういうのにお金を払いたいんだ。

タレントを持ち上げるような、つまらないくせにチケット代だけは高額な作品じゃなくて

本当の役者さんが演じている作品。

いやしかし、本当に女優陣の演技力が素晴らしく、見応えのある作品だった。

 

 

 

| 観劇・美術・映画 | 21:46 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

CALENDAR

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH