<< 喫茶店 | main | 衝撃の観劇:暗闇演劇『イヤホン』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
観劇:TAIYO MAGIC FILM 『時分自間旅行』

テレビ東京の深夜ドラマ『下北沢ダイハード』の

脚本家としても選ばれた、西条みつとしさん作、

というところが面白そうと思ってチケットを取りました。

 

 

 

9/24(日)pm16:00〜(於:赤坂RED THEATER)

脚本/演出:西条みつとし

 

【キャスト】

良斗 ・・・ 町田慎吾

松井 ・・・ 広澤草

心男 ・・・ 南好洋

心女 ・・・ 里久鳴祐果

思夏 ・・・ 三森淳子

愛來 ・・・ 仁藤萌乃

波尾 ・・・ 畠山U輔

健太 ・・・ エハラマサヒロ

智乃 ・・・ 鈴木まりや

彩  ・・・ 小築舞衣

土屋 ・・・ ヨネックス千晴

店長 ・・・ 由地慶伍

西田 ・・・ 篠原あさみ

優一 ・・・ ナカノアツシ

堀川 ・・・ 蔭山ひろみ

舞子 ・・・ 中村涼子

朝奈 ・・・ 西田薫子

岡西 ・・・ 濱崎大輝

 

 

 

【あらすじ】

愛來と波尾は、婚約者同士。

波尾は小説を書いている。

いよいよ挙式が明日にと迫った前日、

「これを読んで欲しい」と、波尾から渡された本を読む愛來。

そこには、6組の男女の恋愛が描かれていた。

 

 

 

一組目は、店長と西田の話。

店長は、喫茶店をやっている。

そこにある日、一人の女性が客としてやって来た。

その女性を見るなり、驚き、挙動不審になる店長。

コーヒーを飲み終え、会計をして出る女性に

「また来てくれますか?」と尋ねる店長。

女性は「えぇ。コーヒー、美味しかったので」

と言って、店を出る。

店員の舞子に「店長〜、あの人に惚れちゃったんじゃないですか?」

とからかわれるも、どこか上の空の店長。

 

 

 

(実は、観てから1ヶ月半経って書いているので

あらすじはうろ覚えですが、ところどころを備忘録で)

 

 

 

松井は恋人を亡くした後、立ち直れず

彼の携帯にメッセージを送った。

すると、返信が来る。

彼の携帯はとっくに解約されており

別の契約者(良斗)が同じ番号を使っていたのだが

顔の見えない相手に、自分の悩み事を打ち明けたりして

二人は打ち解けていく。

そして、付き合うことになる。

 

 

 

健太は、彩と付き合っている。

彩には、妹(智乃)がいて、二人は仲が良い姉妹だ。

だが実は、智乃は健太に想いを寄せていて…。

健太との結婚を考えている彩は

旅行を兼ねて実家に健太に来てもらおうとするが

直前になって健太から別れを告げられる。

体調不良が続いていた健太が病院へ行くと

病のため、余命3ヶ月だと告げられていたのだった。

それを彩に隠し、彼女の元から去る健太。

 

 

 

と、次々にカップルの男女が登場するのですが

実はこれはすべて、愛來の父と、母の恋の話。

愛來が3歳のとき、大地震で母は亡くなる。

男手ひとつで、愛來を育ててきた父。

が、死んだと思っていた妻は生きていて、

偶然、客として自分の喫茶店に来たのでした。

大地震がきっかけで記憶を無くし

被災者同士として出会った優一と結婚していた妻(西田)。

 

 

 

歌手になることが夢だった夫の優一に

「私のために曲を作って、一番に聞かせて欲しい」とお願いする西田。

店長の店に、(これまた偶然)客としてやって来ていた優一は

会社の後輩で、優一に想いを寄せる後輩の前で曲を披露する。

それを店のドアの前で偶然聞いてしまう西田。

帰宅後、「曲が出来たよ」と優一が唄った歌を

「それ、私以外の人に聞かせたよね?」と責める西田。

家を飛び出す西田は、気付けば喫茶店に来ていて

西田から話を聞いた店長は「それは誤解だ」と

優一が、後輩から「何か唄ってくれ」と強引に頼まれて

仕方なく唄ったんだと。

「彼が一番大切に想っているのは、あなたですよ」と言い

西田を優一の元へと返すのだった。

 

 

 

【感 想】

途中で(あれ?)と思うシーンがいくつもあり

(※これは、伏線だったと後に気付くのですが)

最後、ひとつに繋がったときは(やられた!)と思いました。

店長、17年前に生き別れた妻(西田)を

自分の元に取り戻す絶好の機会だったのに

それをせず、愛する人の幸せを願って身を引くラストシーンは

(自分だったら同じように行動できるかな)と考えてしまった。

 

 

 

劇中の登場人物の名前を変えていたのは、波尾の計らいと見せかけて

同一人物だとわからないようにする脚本家の策略です。

伏線を丁寧に回収して、無理なく感動的な結末に繋いだ西条さんが

『下北沢ダイハード』の第1話であの脚本を書いた人と同じ人物であると

にわかには信じがたいほどの話の展開。

(いい意味で)この人のあたまの中、どうなってるの??

 

 

 

私の苦手な、好きなのに展開早めで脳内処理がついていかない系のお話でしたが

観て良かったです。

 

 

 

| 観劇・美術・映画 | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

CALENDAR

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH