はに丸ジャーナル
ちょっと更新滞っていますが。
5ヶ月前に書いていたものをUP。
来週2/9、2/10のpm22:55〜放送されるようなので
お時間が合う方は是非見てほしい。
合わない方は、録画してでも見る価値あり。
ちなみに、一昨年8月に放送されたものなら
HDDに残っていてDVDに焼けるので
気になる人は連絡ください(笑)





------------------------------------------------



25年ぶりの復活。
はに丸くんがジャーナリストとして、現代社会を掘り下げるという番組。
「硬派な視点てことですね。
僕たち 硬いからね。
カッチカチやぞ、カッチカチやぞ」
と、公然と人のネタをパクり
ゲストのフジモン(FUJIWARA)に対し
「藤本さん、チョリース!!」と軽〜い挨拶。
ライザップ(なぜ人はシックスパックに憧れるのか?)への取材をした後
スタジオにもどり、フジモンのポヨンとたるんだ腹を見て
「ワンパックだね!ワンパックだね!ワンパックだね!
と3回も言うしつこさ。



2015/5/5の放送(テーマ:ゆるキャラ)では
自身に似ているとされる大阪府高槻市のゆるキャラ【はにたん】に対し
「ボクのマネしたんだよね?」
「有名になりたいから、NHKを利用したってこと?」
とド直球を投げる。


「ボクは長いこと倉庫に居たので…」
「(着ぐるみは)維持管理ってのも、かかるんだよ」

と、現実的な発言をしたかと思えば
田原総一朗との対談では
朝まで生テレビのオープニング曲を
「♪チャ〜チャ〜 チャ〜チャラッラ〜」と唄い
田原さんに向かって「今、いくつぅ?」と聞く。
自身の恥ずかしい体験を話して相手を安心させてから
相手の本音を引き出す、という田原さんに対し
はに丸自身の恥ずかしい体験というところで
「アナブースというところにいてね、
『はにゃ』って言ったら、おなら出ちゃったの
さすがにちょっと恥ずかしかった。ウフ♡」

とハニワらしからぬ暴露と照れで視聴者を困惑させる。
「じゃここで一旦、CM入れま〜す」
と、自分優位な進行の強引ぶりを披露したり。


2015/8/20の放送(テーマ:ショッピングモール)では
オープニングで、司会の山里亮太に
「ねぇねぇ山ちゃん、突然ですがクイズです。
今日はなんの日でしょうか?」

放送日が8/20なので
「はに丸(820=はにまる)でしょう」と答える山里に
「ぶっぶぅ〜。この番組はね、収録です。
だから今日は8月5日です」

と、あっけらかんと収録日を発言。





文字だと、この面白さは伝わらない。
ぜひ、映像で見てみてほしい。
予習として、youtubeで検索して見るのもオススメ。
25年前の可愛さはどこへやら。
はに丸王子の、傍若無人…人?いや、ハニワっぷりが楽しめます。
今から楽しみで仕方ない。
というか、田中真弓さんがスゴイっていう説もあるんだけどね。


 
| television・radio | 01:15 | comments(0) | - | pookmark |
5/24(日)pm14:30〜Eテレシアター
わ〜い!!
5/24(日)14:30〜、
Eテレにて『プルートゥ PLUTO』が放送されますテレビ(※観劇の感想
これ、観られる人はぜひ観ていただきたい!!


もう一度観たいと思っていたのが叶うなんてリラックマ
今から楽しみです音符
| television・radio | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
Eテレ『考えるカラス』
Eテレの視聴率って、だいたい1〜2%台らしい 矢印矢印矢印
2014年11月全国個人視聴率の結果
面白い番組、たくさんあるのになぁ〜!!



4月から見なくなってしまったけれど
「シャキーン!」は好きでした。
ちょうどあの時間(7時またぎ)にごはんを食べ終わるので
各局一斉に暗いニュースが流れるのが憂鬱で、Eテレに逃げていました。
ナオトより、あゆちゃん派。



そんな中、最近のオススメは『考えるカラス』という番組です。
本放送は火曜日の午前中に放送しているらしいけれど
私は木曜日の23:45〜を録画。



「♪やさい〜。やさい、うまいだろ?」
のCMが受け付けないあの俳優がナレーションをやっています。
顔が出なくて声だけならば大丈夫でした。


 
| television・radio | 21:32 | comments(0) | - | pookmark |
ロス
“ あまロス ” や “ タモロス ” といった言葉がメディアで取り沙汰されていたとき
(プッ…)と思っていたことを謝ります。
来週、いや、今週6/26の23時に、わたしもロス状態になりそう。



『続・最後から二番目の恋』にハマっています。
今季はめずらしく、ドラマを3本も見てました。
『花咲舞』と『アリスの棘』が終わった時も軽い喪失感があったけど
このドラマが一番ガクーンと来そう。



まずは、大好きな鎌倉というロケーション。
そして、和平と千明の絶妙な掛け合いが最高。
(和平、早く告白しちゃえばいいのに〜!!)ともどかしい気持ちで毎週テレビの前に座ってました。
千明みたいに、会社で重要なポストにいるわけじゃないけど、共感できる部分は多い。
啓子や祥子との女3人の会話シーンも、笑いつつ深くうなずいちゃう。



で、最終回の放送に合わせて、夕方から再放送が始まりました。嬉しい!!
わたしの中で神回だった、真平と知美の結婚式の回が見られる〜。
(なぜかこの回だけ録画できてなくて、ネットで探して見ました)
この回はザコキャラも居なくて、穏やかな気持ちで見てましたよ。



6/1の『ボクらの時代』も興味深く視聴しました。
中井貴一さんが、現代のドラマ表現についておっしゃっていた
「おかしいでしょ、事件を犯して逃げる犯人がシートベルトしちゃ。絶対的に。
ね、追う刑事が『急げ!』って言ってて
ものすごいシートベルトしっかりしたらおかしい話なんだよね、実際は。
そういうことの寛容さみたいなものは、世の中が持たなきゃいけないことだと思うし。
それは、俺らの世界だけではなくて、息苦しい社会にしないってことは、俺らの世代のテーマだと思う」

という言葉が興味深かった。
昔に比べて、テレビがつまらなくなったとか言われるのも
この辺りのことを多少なりとも含んでいるのが原因かもな、と思いつつ
『続・最後から〜』を見ながら、矛盾点について考えてしまうこともあるのですが。
(真平が朝、連売で野菜買ってから長倉家に着いてみんなのごはんを作る。
連売の営業時間は朝8時からだから、買い物して家(極楽寺)に着く時間、どんなに早くても8時半だよね。
ってことはそこからみんなにご飯作るわけで、
それ食べて出勤する和平は市役所勤務なのに、9時出勤に間に合わなくない?)
とかね。



そういうのは抜きにしても、面白いドラマだな、と思います。
またスペシャルやってくれないかな〜。今から希望。
余談ですが、これを、テレビの【字幕機能】付きで見てみたら、面白さ倍増でしたのでオススメ。
聞き逃してる台詞のおもしろいこと!
それだけ、普通の生活っぽい会話のリズム、ってことなんでしょうね。
最終回が来ちゃうのはさみしいけど、楽しみです。


 
| television・radio | 21:39 | comments(0) | - | pookmark |
サラメシ

今夜からNHKで放送がまた始まる 『サラメシ』という番組が好きです。



サラメシ=サラリーマンのメシ⇒働く人のお昼ご飯



お昼時に、街で出会った人に
「お昼をご一緒させてください」とお願いして
その人が食べに行くお店について行ったり
職場へ行って、ランチ(手作りだったり、食堂やコンビニご飯だったり)を見せてもらう。
人それぞれ、職場によって、ランチの事情も様々。
そんなみんなのサラメシを取材しているという番組なのです。







いまの形態で仕事をするようになって、
お昼はほとんど外食です。
仕事柄、外出する機会がほとんどないので
せめてお昼の一時間は気分転換に、と。



現在の就業先は、場所を言うと食べるところがたくさんありそうだけど
実際は、毎日悩み、探し、なんとか入店、といった状況。
場所柄、買い物客が多いので、お昼時はどこも混雑しているのです。
仕事人ではない皆さーん。
すこーし、時間をずらしてもらえると助かるのですが…。なんて。



KUA AINA
本日のランチ(BLTサンド)



この場所で働いている今だからこそ、いろいろ行ってみたいお店もあり。
楽しみながら、チャレンジしたいな
(探索も、値段も、一時間という時間制限に対しても、そしてもちろん美味しさも!)
と思っている今日この頃です。



中華街の近く(もしくは、中)で働けたら、
毎日飽きないだろうなー、と妄想してみたり。
(↑先週のアド街が “ 横浜中華街 ” だったことが影響している)


| television・radio | 21:32 | comments(0) | - | pookmark |
好きでわるいかー!

月曜放送の  『月曜から夜ふかし』、笑いました。



【横浜市民のプライド高すぎ問題】
(私見ですが、最近よく耳にし、目にする “ 〇〇すぎ ” という表現、
主観を押し付けられてる感じがして、好きではない)



・横浜市民は、出身地をたずねられると県名では答えず「横浜」と答える
(絶対に「神奈川県」と答えない)
・「日本の三大都市は?」とたずねられると、「横浜」と答える
(正解は、東京、大阪、名古屋)



住みたい街ランキング第1位(2012年 生活.com調べ)
住んでみて良かった街第1位(2012年 大手分譲マンション7社調べ)
行ってみたい国内旅行先ランキング第2位(2012年 地球の歩き方調べ)
(↑1位は、ディスニーランドだそう)



市民の心の支えであるランドマークタワー(高さ296mで、現在日本一)は
来春、大阪にできる【あべのハルカス(高さ300m)】に抜かれる。
でも、横浜市民はへこたれない。
なぜなら、あべのハルカスよりも、
横浜市民のプライドの方がはるかに高いから(笑)



横浜出身の芸能人は数多く居るが(美空ひばり、谷原章介、向井理ほか)
横浜市民は、とある芸能人を隠している。
それは、出川哲朗。



横浜駅の終わらない工事問題。
1915年から現在まで、【混雑緩和】を目的として
およそ100年もの間、何かしら工事が行われている。
それを、横浜市民は
「横浜のサグラダファミリア」と呼んでいる(←呼んでないって)。
だが、横浜駅の工事が終わるのは、約20年後…。
(横浜駅の工事は、本当にね〜、
工事中の箇所は、一応足元にゴムのシートが敷いてあるけれど
それでもシートの凸凹で足首をひねりそうになるのはわたしだけ…か)



笑いながら見ました。
うちにあそびに来たことがある人はわかると思うけれど
我が家の住所近辺は、ちっとも都市っぽくない。
駅に出るまでバスで30〜40分かかるし
夜になれば星がキレイに見える。



「どこ出身?」
「神奈川です」
「神奈川のどこ?」
「一応住所に横浜(という地名)は入っているんですけど」



というやりとりをするくらい、辺鄙なところだ。
でも、横浜だいすきだー。
同じような雰囲気で、神戸もすきだー。



oz
出るたびについ買っちゃう横浜特集(鎌倉も買っちゃうよ)
すきで、わるいですか??


| television・radio | 00:37 | comments(0) | - | pookmark |
radi・・・

トークマスターを買わなきゃだめかね…?
と思っていたのですが、
radikaという便利なモノに出会いました。



職場ではラジオがかかっていて
その影響もあるのか
(いや、実際は個人部屋のテレビが地デジの波に乗れていないだけ…)
最近は、家でもradikoに繋いでいることが多い。



radikaは、番組表から簡単に予約録音が出来るのでとても便利。
単発でも毎週でも、指定すればその番組が録れるので
聞き逃すということもないし
iPodにもおとせるので、最近は通勤中に聴いてるよ。




ミッフィーはPC専用
中学生の頃、ボリューム絞って深夜ラジオを聴いていたのが懐かしい



J-WAVEで、日曜の深夜(※日付的には月曜日に変わった瞬間)に
V6の岡田准一くんがやっている
『GROWING REED』はオススメ。
いろいろな分野からゲストを呼んで対談しているのだけど
自分が知らなかった世界の話が多いので
毎回興味深く聞いています。



音だけ、って想像する楽しみがあるから好きなのかな。
音だけ、って、よく考えるとすごいよね。
(実際はネットもあるから・・・アレだけどー)


| television・radio | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
どこか一局くらい
各局同じような内容で報道してるけど
どこか一局くらい、各避難所の人たちの生のメッセージ、
「わたしは無事です」とかって伝え続けるところがあってもいいのに。
いまだに連絡がとれない人たちのことを心配している人はたくさんいます。
救援物資も運ばない、人命救助も行わない報道陣が被災地に押しかけるのは
何かを妨げているような気がしてもどかしい。
被害が少なかった企業にも、何かできることはあるのではないか。



テレビを消して、考えています。



| television・radio | 10:55 | - | - | pookmark |
いまさらですが最近
NHK教育テレビの【0655】と【2355】にハマってます。
おもしろい!
特に『おれ、ねこ』と『あたし、いぬ』がすき。
朝から鼻の奥がツンとしてキュンとなる。

2010年4月から放送が始まったらしいですね、
わたしは先月、この番組の存在を知りましたが。

現在は月〜木の放送で、金曜日の朝はこれがないからつまらない。
ちぇっ。
と思っていたら、4月から金曜日も放送するらしい。
やった〜!!

この時間に起きてる方はぜひ見てみてください。
朝晩ほっこりする5分間です。
(ちなみに、夜は寝てることが多いので録画してまーす)


| television・radio | 10:10 | comments(2) | - | pookmark |
ぼんやりと

テレビ(東京)を見ていました。


              


登山家・栗城史多さんがエベレスト単独無酸素登頂をめざした時のドキュメンタリー。
自らハンディビデオを持って撮影。
高度7,500mを越えて酸素が薄い状況の中で、折れそうになる心。
中継地点から届く、自分を支えてくれるサポートメンバーの声。


予報で天候が崩れることと、
表層雪崩のある斜面を登ることは危険だということから
目前にて登頂を断念するのですが。


出発前に、登山家の野口健さんから植村直己さんのアーミーナイフを
「お守りに持っていけ。これはあげないよ、命の次に大事なものだから。
だから、返しに来なさい。
僕に返しに来るってことは、生きて帰ってくるってことだからね」
と貸してもらうところ。
同じ場所で生きる者同士にだけわかる、言葉に込められた意味の重さとか。


登頂断念を決め、無線で中継地点にいる撮影班に
「ありがとうございました」とお礼を言うと、撮影班の人が
「(あなたがまたエベレスト登頂をめざすなら、その時は)何度でも付き合います」
と返すところとか。


胸が詰まった。
もっとちゃんと見ていればよかった。
再放送希望。
(栗城さんは、来年の春頃に再登頂をめざしているのだとか。
もう動き出している。そして、決して諦めない)


            


その後『ソロモン流』を、これもぼんやりと。
ヌキテパ 】という、五反田にあるフレンチのシェフ・田辺年男氏登場。


土を使った斬新なソース。
「これがある日にしか来ない」という客もいるらしい、絶品ハマグリ。
仰天、スイカのケーキなど。


2分に1回の割合で、厨房から客の様子を伺いながら作る料理や
時間のある限り、客を外まで見送る姿勢に感動。
素材にも、人にも、きちんと向き合う人なんだなという(好)印象。
一度行ってみたいけど、ランチがせいいっぱいだわ…。


もっとちゃんと見ていればよかった。
以前の放送、【ブノワ】の小島シェフや、【てんぷら近藤】の近藤さんの回も良かったな。
これから料理人の回はもっと真剣に見よう。


| television・radio | 21:16 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

CALENDAR

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH