お料理教室と幸せの定義

本日は、お料理教室のため、鎌倉へ行ってきました。


* * *


電車遅延により、バスを目の前でのがしましたが
鎌倉宮の朝市をひやかしたり
教室までの道々、季節の花を眺めたりしながら無事到着。



090412_凛林_お料理教室
教室兼お店のお庭には、お花がたくさん
桜以外にも見頃の植物があり、癒しの空間です



 本日(4月)のメニュー



090412_凛林_お料理教室
手前左から時計回りに

 玄米ごはん
 ヒナ鳥とワカメの梅肉煮
 五種精進ヘルシー炒め(干豆腐)
 祝茸(イワイタケ)と変わり青豆卵のスープ


です。


今日の参加者(3名)には、梅肉煮が大好評!
このソースをごはんにかけて食べると、本当に美味  
(※玄米ごはんの手前側、光っているのはこのソースです)


これから暑くなっていくと食欲が落ちたりしますが
そういうときは、辛味よりも酸味がオススメ、とのことでした。
梅肉ペーストの量が多いように感じましたが
実際に食べてみるとそんなことはなく、ごはんがすすみます。
(なので、或る意味キケンですけれども、、、)


干豆腐は、初めて頂いた食材だったのですが
見た目は高野豆腐のようなかんじですが
食感はそれよりもう少し歯ごたえがあります。
中華料理の食材を扱うお店で購入できるとのこと。
ひとつ譲っていただきました(仕入れ値で。やさしい!)。
このお料理は、生椎茸と干椎茸を使うので面白いですね!
タケノコが入っていて、旬のものをいただいてる感が幸せ。
個人的には、お塩を控えめにして作ってもいいかな、と。


祝茸のスープですが、
祝茸というのは、市場には出回らない食材だそうです。
お店のメニューで出そうにも量が入ってこないので
お料理教室で使ってくださった先生のお心遣い。
肉厚で、やわらかな香りです。
キクラゲのコリコリした食感と、祝茸のやわらかさ、
半熟程度に炒めた卵がふわりとした、春らしいスープです。



* * *



出来あがった(というか先生が作ってくださった)
お料理を頂きながら、本日のお料理以外についても
おしゃべりするのがこの教室の楽しいところ。


先生は6月に本を出版されるそうで、その話題なども。
先生は、養護ホームや小学校に出向いて
“ 食育 ” に関する講義などをされているそうです。


本の内容は、出版前なのでまだ書けませんが
原稿の一部を見せて下さり(オープンな方なのですよ)
「幸せとは…」とお話ししてくださいました。


幸せの定義って、人それぞれだと思います。
たとえば、占いに行って
「今年はいい一年になりますよ」と言われたとする。
そういう言葉をかけられたら、期待して日々を過ごしませんか?
仕事が成功する、大金が手に入る、恋人ができる…etc.
これから自分に起こる “ いいこと ” とは、一体何だろう?


さて、一年終わってみて。
“ いいこと ” は何だっただろう?と思い返してみた時に
何も思い浮かばなかったとします。
あなたはどういうふうに感じますか?
(あの占い師の占いは当たらなかった)とくやしい気持ちになるか
(事故・大病・ケガの起こらない、いい一年だった)と感じるか。


もちろんいいことが起きればうれしいけれど
いいことが起きなかった時に
よくないことも起きなかったかどうか、と考えてみる。
(よくないことが起きてしまったら、その程度によって考え方を変えてみる)





「しあわせは いつも 自分のこころが決める」





とは、相田みつをさんの言葉だったように記憶しています。
何かを手に入れることに幸せを感じるのは人の自然な感情ですが
今あるものに感謝の気持ちをもつこと。
それも幸せの感じ方なのではないでしょうか。


金銭的に恵まれた生活をして、苦労の少ない人生を送る。
それはもちろん誰もが望むことでしょうけれど
不満を抱えながらも、それを克服しようと挑戦したり、勉強したり
そうして何かを乗り越えたときに、達成感を手に入れられるのですし
その過程で、自分を支えてくれる人の存在にあらためて気づいたりもする。


“ 気付ける心 ” があること。
それは大切なことだと、つい最近友人から言われ
そして今日、先生からも同じ言葉をもらいました。


現在の状況に100%満足しているかと問われれば
わたしの答えは「No」です。
けれども、それを100%に近づけるように
自分なりにやっていることはありますし
そんなわたしを叱咤激励してくれる友人たちの存在が
自分を支えてくれているのだと、感じています。


一期一会、一度しかない出会いの中で
あたたかい優しさを向けられて
その時の思い出が今も時々自分を包むこともありますし
( ↑ これは、出雲大社を案内してくださったおじいさんの思い出)
旅先で偶然、美術館の情報を教えて下さった人の勧めで
翌日そこへ行ってみたら、自分の観たい絵画に出会えた、とか。
( ↑ これは伊勢神宮へ旅行に行った時、夜ごはんを食べた居酒屋さんで)


そういう小さな、自分にとっての大切な思い出や
現在進行形のさまざまな人との係わりが
今の、そしてこれからの自分を形成していくのだと、
先生の話を聞きながら考えていたのでした。


次は、お料理教室ではなくお食事の予約にしようかねぇ
と話していた友人とわたしですが
素敵なメニューと、先生の楽しいお話に惹かれ
来月もお料理教室に足を運びそうです。


| お料理教室 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シューマイをつくる

昨日は、お料理教室に行ってきました。
雨の予報を受けて、車を出すよと言ってくれた友人との
待ち合わせ時間15分前に起床したわたし。
(こんなの数年ぶりで、非常に驚きました)


「ごめん、急いで行くから先に行ってて」とお願いし
料理教室開始からおよそ20分遅れで到着しました。


こちらのお料理教室に参加するのは2度目で
初めての時は、数日前から
(他の参加者に『あなたのその包丁の持ち方…!!』などと言われたらどうしよう…)
と心配していましたが、そのようなことは一切なく
2度目の参加となった昨日。


というのも、ここのスタイルは
レシピがプリントされて配られ
そのレシピに基づいて先生(シェフ)が口頭で説明。
次に、お店の調理場へ皆で移動し
先生が料理を実作しながら補足説明するのを聞く。
(※材料は、お店の方が下ごしらえ済み)
出来上がったものを皆で試食して終了。


といったものなのです。
最近のお料理教室はこういうスタイルが増えてきているのかしら?


というわけで、それらしくエプロンは持って行くものの
まったく何もしないに等しい教室なのです。


でも、文字と口頭だけの説明より
実演して見せていただくと、理解度はより高いですものね。
その場で質問してすぐに答えを教えていただけるし。


                     


昨日のメニューは

 春野菜と牛肉のチャーハン
 タケノコとワカメの桜スープ
 エビシューマイ


                     


でした。


我が家では、シューマイという食べ物は
“ 買うもの ” だったのですが
慣れてしまえばお家で作った方が安上がりだし
好きな材料で味のアレンジができるので楽しいかも。



090308_凛林_お料理教室
初シューマイです(これは蒸す前)

手のひらに皮を持ち、具を乗せたら
親指と人さし指で輪っかをつくり
茶巾寿司のような形にもっていき、上部をすぼめる。
この時、皮の端が出ていると
その部分の蒸しあがりが硬くなるので
中に押し込めて、上から具で蓋をするように閉じる。



10分蒸して、できあがり〜。



090308_凛林_お料理教室
手前 : 春野菜と牛肉のチャーハン
右 : タケノコとワカメの桜スープ
左 : エビシューマイ

中国料理の作法について勉強不足なので
置き方が違っていたらすみません。。。


チャーハンの中には
5mm角に切った大根が入っていて、これが不思議な食感でした。
長ネギとカイワレ大根の茎の部分を入れて火を止めたので
わりと強めの香りと、シャキシャキした食感が楽しめます。

スープの中には
桜の塩漬けを塩抜きしたものが入っており、春らしい味。
この塩抜きの加減によって味が変わるので
各々好みの加減でやると良い、とのことでした。

シューマイは、お肉が柔らかくて
エビのプリプリさと、茹で筍のシャクシャクさが絶妙なハーモニー。
食べきれずに半分持ち帰ったのですが
母が「おいしいわよ〜」と言ってくれました。



みんなで料理をいただいている時に
先生が「こんなのを作ってみたよ」
と持ってきてくださったのが、コレ  



090308_凛林_お料理教室
“ ポニョ ”  だそうです

わたしは映画を観ていないので
細かくはわからないのですが、似ていますか??



こちらの先生
焼き物(陶芸)、歌、若いころは武道と多彩な趣味をお持ちの方で
お話を聞いていると、とても楽しいですし
「今度歌を唄うからさー、聴きにおいでよ」と
さそってくださる、とても気さくな方なのです。


わたしたちはこのお料理教室に来月も参加の予定。
お店でいただくお料理も美味しいので
「そろそろランチにも来たいよね〜、どうする?」と
会議の結論が出るまでうなり続けるわたしたちなのでした。


| お料理教室 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

CALENDAR

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH